健康・サプリ関連コラム

ウコンにはどんな効果効能がある?副作用はない?

ウコンは、インドから中国で広く栽培されているショウガ科クルクマ属の植物で、料理の香辛料や着色料として使われたり、健康食品として親しまれてきました。ウコンの黄色い色素クルクミン(ターメリック)は、カレーの着色料として使われたり、たくあんの染料として、人に健康効果があると言われて使われてきました。


ウコンの薬効のある成分はクルクミンと精油成分で、その他に鉄分などのミネラルとか食物選にも豊富で、科学的に証明されているのは、人の消化器系や肝臓の症状改善ですが、その他、試験管内や動物実験で効果があるのは、胆汁分泌促進、コレステロールを溶かし高脂血症に有効とか抗癌作用、健胃殺菌効果、抗炎症作用と科免疫をコントロールする作用があると言われておます。


一般には、二日酔いの防止効果が言われ、多数の錠剤やドリンク剤が発売されていますが、これは今までの体験的効果によるものです。その他ヨーロッパでは、マーガリンやチーズの着色料として使われ、インドや東南吾剤ではスパイスや染料や切り傷の外用薬として使われています。


注意すべき事は、過剰摂取です。普通の食品として食べる量では、問題ありませんがサプリメントとして、長期間大量に摂取すると、特に肝臓機能が悪い人では、薬剤性の肝障害が起きる可能性がありますので、ウコンのサプリメントを使用する場合は、予め医師に相談をしましょう。


さらに、妊婦や授乳中の人もウコンのサプリメントの摂取は、医師に相談をしてからにしましょう。


C型慢性肝炎患者(ほかの肝炎の患者)は、この病気にかかった時にすでに、鉄過剰を起こしやすい状態で鉄制限食事療法をすすめられています。この場合ウコンを摂取するとこの植物の中には、鉄がたくさん含まれているので、肝臓に鉄過剰の影響を及ぼす恐れがあるので注意しましょう。


ウコンは、さらに有効な成分を含んでいて、伝承とされていたものが本当の効果が分かったりすることもありますが、副作用についても、さらなる検討が必要と言われていますので、今後の研究が待たれます。






おすすめ亜鉛サプリ一覧

 

亜鉛コラム

 

健康・サプリ関連コラム

 

FX