亜鉛コラム

【番外編】赤裸々に語る『実録』我が家の性生活

亜鉛サプリの購入を検討されている方の中には、夫婦の夜の生活をもっと盛り上げるために、亜鉛の力を借りてみようか・・・という方もいらっしゃると思います。亜鉛サプリの各商品販売ページを見ても、年齢を重ねるにつれて元気がなくなってきた息子さんを元気にするために・・・みたいな体験談がのっていたりしますね。


実は、当サイト管理人の僕(36才男です。)にはED(勃起不全)だった過去があります。もう少し詳しく書くと、嫁に対してだけたちませんでした。その当時から、亜鉛サプリやマカ・・・などの存在は知っていました。サプリでも試そうかな?と少しだけ思いましたが、「一時的なものだろう。すぐによくなるさっ。」くらいに軽く考えていました。


原因は分かっていました。「精神的なもの」です。


流産の悲しみを乗り越えて。


28歳で同い年の嫁と結婚。もともと夜の相性は良い2人だったので、正確には覚えてませんが、たいてい1週間に1回はしていました。若かったのもあったのか、僕は元気でした。


結婚後1年で嫁は妊娠。しかし、妊娠初期に流産をしてしまいました。嫁も僕もとても悲しみました。特に嫁の悲しみようは半端なかったです。当時、「流産の悲しみを乗り越えるための名言?手紙?」のようなものをネットから拾い、嫁に見せたのを覚えています。あとは、1人目の妊娠では流産する確率はけっこうな確率で、同じような悲しみの人たちは大勢いるんだ・・・などと言い聞かせて、早く立ち直るよう2人で努力しました。


30才までに1人目が欲しいと言う嫁。


前から嫁は「30歳までに子供が欲しい。」と言っていました。僕も同じ気持ちでした。お互い子供は好きだし、そりゃあできるもんなら30歳までに欲しいとも思っていました。若いうちに出産したほうが安全性も高いだろうし、2人目・3人目・・・と考える場合、早いに越したことはありません。


嫁はあせっていました。毎月赤ちゃんができやすい周期を狙い、1日おきくらいで3回くらいします。僕はお酒が好きなのですが、予定した日、その前に飲むとすごい怒られました。怒られた後にしても、僕は元気になることはありませんでした。


そんなことが2ヶ月も続くと・・・


次の月にも同じような状態になり、また嫁を怒らせてしまいました。お酒を飲んだ後は僕が元気になりにくいと嫁は決めつけていました。そんなことは実際はありません。雰囲気が僕を元気じゃなくしていたのです。


そして僕もあせってきました。「赤ちゃんをつくらなければ。。。」と。そんな精神状態では僕が元気になるはずがありません。最初元気でも、しばらくすると衰えていきました。そして、また嫁は怒ります。そこからは負のスパイラルです。「また怒らせちゃう・・・」と思うと余計に僕の元気はなくなることが多くなりました。


ここまで読んでくださった方なら、もうお分かりでしょうけれども、これはEDとは言えないですよね?EDの定義をよく知らないので分かりませんが、全て精神的な問題です。もしかしたらこんな状態でも亜鉛サプリやマカなどの元気になれる!とうたっているサプリなどを試せば元気になっていたのかもしれませんが。。。


時間が解決してくれました。


3か月目ぐらいに、ようやく僕は元気になりました。理由は・・・自分でもよくわかりません。その日僕は嫁にものすごく興奮しました。というか、興奮しているように演技をしていたら本当に興奮していた・・・みたいな感じです。


この「演技」って実は夫婦生活すごく重要なのでは?とこの時思いました。その後、無事妊娠し、1人目出産、となりました。


「興奮」について


そもそも、人間の男女がなぜ行為をするのか?といえば、そこに快感があるからですが、それ以上に、「この子はあの時にどんな顔をするのか?」「どんな声を出すのか?」「どんな体をしているのか?」ということが気になり、それを見たり聞いたりした時に、ものすごく興奮するし、快感も増す。男って所詮そんなもんなんじゃないかな?って僕は思ってます。


一番興奮度が高いのは、その子の胸を最初に触った時であり、最初にした時の興奮が一番強いです。快感という言葉で言うと、何度も重ねるごとに「クセ」のようなものが分かり、増すことはあります。でも純粋に精神的な「興奮」という言葉で言うと、やはり一番初めにしたときが一番興奮するのだと思います。


だから夫婦の場合には、この「興奮」をお互いに増すために、演技をしてみたり、時にはコスプレなどをして非日常感を増したり、、、ということも大切なんじゃないかな?って思いますね。それにプラスして亜鉛サプリやマカなどのサプリを試してみて、自分に合っているものを見つけてみるのも良いと思います。


1人目出産、そして、その後の性生活


そんなこんなでめでたく1人目を無事出産。あの感動は今でも忘れません。子供ができて僕は変わったように思います。前から子供は好きでしたが、新幹線の同じ車両で小さな子供が泣いていると、うるさくてものすごくイライラしていましたが、子供ができてからは、「うんうん、分かるよ。泣き出したら、もう仕方がないよね。泣き止ませるの大変だもんね。いいよいいよ、こっちが我慢するから。」と思えて、全然イライラしなくもなりました。


子供が生まれてからは、1年ぐらいは夜の生活はなくなりました。子供中心の生活になるので、という理由もありますが、そういう気分にお互いならなかった、、、という具合です。こういう家庭ってけっこうお多そうですよね・・・実際のところどうなんでしょう。機会があればアンケートで統計とかとってみたいですね。


1年ぶり?2年ぶり?


久しぶりの時はちょっと緊張してしまいました。でもそれが良い興奮になってとても元気になりました。妊娠中も一切していなかったので、2年近くは嫁とはしていなかったことになります。その後、めでたく2人目も妊娠・出産し、今に至る、という感じです。


今では多少のばらつきはあるものの、2ヶ月に1度くらいのペースに落ち着いています。お互い年をとったせいでしょうか?性欲自体が衰えてきているようにも思います。体力的にも頻繁にはきついというのもあります。


前とは違います。精神的なものではないので、亜鉛サプリの力を借りて、月に何度かは挑戦してみようかな?と思っているところです。でも僕が元気になっても、果たして嫁の体力はついてくるのかな?なんて思ったりしています。


亜鉛サプリはそっち方面の効果だけじゃなく、肌がキレイになったり、朝すっきりとおきられるようになったり、仕事に集中できるようになったり、、、といった口コミもよく見かけるので、試してみようと思っています。


関連ページ

亜鉛サプリと同じような効果がある?にんにく卵黄の話
亜鉛サプリは女性にとっても心強い味方!亜鉛と美容・ダイエットの関係
亜鉛といえば金属の亜鉛が思い浮かびますが





おすすめ亜鉛サプリ一覧

 

亜鉛コラム

 

健康・サプリ関連コラム

 

FX