【インタビュー企画】サプリを飲まないのに健康すぎる人の特徴とは?

さて、当サイトでは、亜鉛サプリについてや亜鉛という成分について解説をしてきましたが、今回は「サプリを飲まないのに健康すぎる人の特徴」というテーマで、何人かの方に話をうかがってきました。


食生活が不規則になってしまいがちな方にとっては、亜鉛サプリメントやその他のサプリメント・健康食品は、不足しがちな栄養素を補ってくれるという意味で助かるものです。


信頼できる会社の信頼できるサプリを摂取目安量をきちんと守って継続的に摂ることは、健康維持・病気を事前に予防することにもつながっていきます。


しかし、世の中にはサプリを飲もうなんて思ったこともなく、実際に飲んでもいないのに、健康そのもの。疲れ知らず。いつ会っても元気で肌ツヤも良い。という方もいらっしゃいますよね。


そんな方々が「なぜそれほどまでに健康を維持できているのか?」を、実際の生活習慣や食習慣をふまえて解剖していきましょう。


全5話でお送りします。


目次


その元気さ、遺伝してほしかった!
細マッチョな父親の勢いが止まらない
わたしの父は超元気です、みんな負けます。
特別健康を意識している感じでもないのに元気なあの人
かなり多趣味な会社の同僚


その元気さ、遺伝してほしかった!


正直、30代に突入したあたりから自分は老化が早いような気がしていた。まずは胃腸が弱くなっていて食べ過ぎたら胃痛。脂っこいものを食べたら胃痛。原因も分からず季節ごとに発熱。風邪をひいたら腸にくる。


肩こりに頭痛。歯医者に行けば歯周病予備軍で先生にも年齢の割には早いよ、と。周りを見渡してみても私のように年がら年中体の調子を崩してる人が見当たらない。


両親だって健康そのもので、近所の同世代の人たちもいろいろ病気になっては入院や手術をした話をよく聞くようになったのに、両親にその心配が皆無。掛け捨ての保険が無駄になると愚痴っていたほど。なぜ私にその病気知らずの体が遺伝しなかったのか?悔やまれる。


しかしよくよく話を聞いてみると、今の私と同年代の頃の父はとても体が弱かったらしい。今の私と同じである。冬になると必ず風邪をひき、毎日毎日頭痛薬が手放せなかったようだ。でも今はその頃とは全く違う。父が若かったころと今の違いは「家の場所」である。30代の頃は駅近物件に住んでいたし、職場も家の近所だった。毎日徒歩で通勤していたが平地をせいぜい10分から15分歩く程度である。楽チン生活をしていたわけです。


それが、引っ越すことになり今の場所に移り住んだわけだが、これが真逆の条件の場所に引っ越したのだ。まずは駅近ではないということ。早くても20分はかかる距離になった。それから市外へ転出したので徒歩通勤ではなくなり、そしてなんと山のてっぺんに家がある。20分かかる距離がほぼ坂。行きは下るが帰りは上り。


しかも我が家には車というものがなかった。坂がキツすぎてバスも通っていないそんな我が家へ、父は毎日徒歩で帰っていたのである。そりゃあ体も強くなるというもの。毎日歩くようになってから、体が鍛えられたのか風邪もひかず、頭痛薬も手放したようだ。そこから健康な体の第一歩が始まったのです。だから私の記憶に父が寝込んでいる記憶があまりない。


そして70代になった父は、定年後家にいる事がもちろん多くなり体力的にも衰えてはいるが、やっぱりあまり体調不良なところをみない。生活面で特に気を付けてる事があるようでもないし、不思議に思ったので母に聞いてみたところ、働いていた頃と変わらない量のご飯をしっかり食べているとの事。しかも好き嫌いがないので何でもたくさん食べるよう。


好物の甘いものも毎日ちゃんと食べてる。後は睡眠時間も年齢の割にはたっぷりとれているようで、足腰もまだまだいけるようだしサプリも飲んでいない。親子なのにこんなにも違う体の調子。私も父のような老後を迎えたいと願うばかりですが、無理かな。


細マッチョな父親の勢いが止まらない


昭和12年生まれの私の父親。もうすぐ80歳になるというのに、元気なことこの上なし。身内ながら呆れてしまいます。


まずは、父親の毎日の生活をご紹介することにしましょう。毎朝6時に起き出して、自分の部屋に籠もり、ゴルフクラブの素振りから1日が始まります。それが終わると、近所の山から湧き出ている水を500ml飲んでいます。


そして、朝ごはんは大き目の茶碗にきっちり2杯も食します。おかずは決まっていて、自家製梅干しで1杯。生卵で1杯。醤油は使わず、お気に入りのワサビ振りかけを掛けています。それと味噌汁です。


その後は、車でゴルフの練習場へ向かって打ちっぱなしへ出発。ゴルフ仲間との社交を兼ねて、2時間ほど過ごして帰ってきます。


それからチョコレートを食べつつ、コーヒータイム。のんびり休んだ後には、近所の足湯のある公園へ。3キロほど走って、足湯に使ってから帰宅。お昼は梅干入りのお握りを2個と野菜がたっぷり入ったスープが定番。このお握りも特大です。


たぶん、コンビニお握りの1.5倍はあるはず。それからNHKの国会中継などを見ながら転寝。午後はもっぱら畑仕事をしています。


力仕事をして汗を流した後は、その日最後のゴルフクラブの素振り。それから自分で収穫した野菜を肴に、大好きな焼酎を飲みながらの夕食。飲むのは1杯だけと決めていて、あとは変わらず旺盛な食欲で何でも食べます。


そして、10時頃に就寝して1日が終わります。それ以外に、週1回のゴルフラウンド。釣りに出掛け、陶芸を楽しんで我が家の器は全部手作り。言葉どおり、家族の誰よりも忙しい毎日を過ごしているのです。


こうやって、生活習慣を列記しても解るように、よく食べ、よく遊び、よく働きます。娘の私が疲れて仕方のない年代に突入しましたが、その倍以上も生きているお年寄りとは思えません。孫よりも遊ぶのには熱心じゃないかな?


そして、睡眠時間はバッチリ。年配になると睡眠時間も少なくていいのかと思いきや、父親の場合にはこの限りではないようで・・・。昼寝をしても、朝までしっかりと眠れるんだとか。羨ましいですね。


そして、好きなことを言い放ち、笑っています。多分、ストレスは溜まらないことでしょう。


この父親の口癖が「オレはポックリ死にたい」ということ。まあ、健康ですから、重傷でも負わない限り、その希望は叶えられるに違いありません。憎まれているわけでもありませんが、世に憚りそうだわ!


そして、人の倍以上食べているにもかかわらず、身体をめいいっぱい動かしている父親の身体は細マッチョそのもの。畑仕事をするので、日焼けもして引き締まっています。もしかするとCMにも出られそうな感じ!?


羨ましい生き様に娘ながら感服。どうぞ、そのまま健やかにお過ごし下さいませ。


わたしの父は超元気です、みんな負けます。


今年で75才になるわたしの父は超元気です。まず声にハリがあって大きい、じっとしておらず常に動き回っているのに疲れ知らず。自営業なのですが現役バリバリで日本各地を車に乗ってとびまわっています。


いつ会ってもその元気さとパワフルさに驚かされ、安心と元気をもらえます。そう、父が元気でいてくれることは子にとって、また孫にとっても安心で何よりいちばんうれしいことです。父の元気の秘密は規則正しい生活と、ストレスを溜めないことに尽きると思います。


朝は日の出と共に起きて仕事をこなし、なにもないときは夕方16時?17時には夕飯を済ませ19時には就寝です。忙しいときは時間も不規則になりがちなのですが自営業をひとりでやっているため予定を調整して不規則が続かないように心がけているそうです。なにより父はマイペースで人にじぶんのペースを乱されるのが嫌いなので、どんな場でもどんな人とでもじぶんのペースを貫きます。


相手が難色を示しても全く意に介さず、じぶんの希望や予定を貫いてしまうので規則正しい生活を守れるのです。普通は人に合わせ(とくに自営業ならなおさら)生活が不規則になったり、気をつかってストレスを溜めがちなものですが父にはそれがまったくないのです。


母と離婚して独り身なため食事はほとんど外食かスーパーの惣菜、焼いた肉や野菜それに炊いたごはんのローテーションです。東北出身なので味つけが濃いものを好み、75才ですが焼肉、うなぎ、トンカツなど脂っこくこってりしたものがすきでごはんは必ず大盛り。健康によくないと思うのでアドバイスしたくなりますが、なんともおいしそうにペロッと平らげるのをみるともう何も言えなくなってしまいます。働き盛りの主人より食欲旺盛で食べるのも早いので、主人は一緒に食事をするといつも負けた気分になるそうです。


父は血圧が高めなので降圧剤を飲んでいますが、サプリメントや健康食品は摂っていません。独り身なのと忙しくてテレビもあまり観ないのとパソコンも持っていないのでサプリメントになどについて詳しく知らないのだと思います。降圧剤も嫌々飲んでいるくらいで薬嫌いなのでこちらもすすめたいサプリや健康食品はあるのですが、たぶん迷惑がると思うので(要らないものは「要らん。飲まんから持ってかえれ」とハッキリ言います。その時はムカッときますが時間が経つとなんとも父らしいな、余計なお世話だったなとこちらが反省するほど...)健康管理はすべて父自身に任せています。


よく健康オタクとよばれる人達がいますが父は真逆です。食生活は偏っているしヘルシーではない、お酒はやめましたが相変わらずヘビースモーカ、健康のために気をつかっていることはひとつもありません、でもなぜかすこぶる健康、超元気でそれは誰もが負けるほどです。みていると健康を意識していない、意識してる暇がなく忙しいというのが逆によいみたいです。


規則正しい生活、言いたいことをいいやりたいことをやりストレスを溜めない、健康や体のことに気をつかいすぎないというのがどうやら父の健康法のようです。


特別健康を意識している感じでもないのに元気なあの人


私のボーフレンドはいつ会っても疲れている感じがあまりありません。それは何気にとてもすごいことだと思います。疲れた、という言葉自体あまり言わないし、いつもなんだか安定して元気です。最近なんで彼はいつも疲れたとか言わないし元気なんだろう、と考えるようになりました。お酒も飲んでいるし、結構スケジュール入れてることもあるのに疲れないのだろうか、と思います。


そう考えているといくつか分かったことがありました。彼は活動してストレスを発散できる人なんだと。仕事で休日出勤とかはさすがに疲れるようですが、休みの日も活動していて疲れないわけは、人それぞれ休み方が違うということです。


私の場合休みというと、家でのんびりが一番と考えますが、彼にとっては休みだからのんびりだけじゃなく、好きなことをして活動することによってリフレッシュしているのだと思いました。動いてることによって家でだらだら過ごすより元気を得ているのだと思います。人それぞれ休息って違いますね。


あと彼の食生活を考えてみたら、味が濃いものや油っこいものを食べている印象があまりないです。どちらかというとこってりよりさっぱりしたものを食べている気がするのです。ラーメンとか脂ギトギトなものを自分から食べてないし、普段はきっと自然とヘルシーなものを食べているんじゃないかと思ったのです。食の好みが体にいいものってなんだか得な感じですね。私なんか本当はラーメン大好きですが我慢しているのに。


あとは彼の性格が淡々としていてあまり悩まないということも元気の秘訣ではないかと思います。基本的にさっぱりした性格ですね。自分にできないことはできない、やろうと思ったらやる、という感じで深く考えこまない性格のようです。悩むことがないというわけではなく、普段から背伸びしたり無理をしないようです。能力外のことは諦める、という感じでしょうか。努力はしていると思いますが。そのさっぱりした性格が健康にもいい影響を与えているのだと思います。


こう考えてくると世の中には普通にしていても健康に過ごせるよくできた人がいるんだなと感じます。病気になってしまうしまう人って生活習慣からして不健康なものですよね。天性の健康的な人を見習って不健康な人は頑張らないとですね。やはりいつも元気な人は本人は気づいてない工夫があったのです。それを自然とできるからこそ特に何もしなくともいつも元気でいられるんですね。


かなり多趣味な会社の同僚


私の勤めている会社の先輩は42歳ですが、20代に見えるほど若々しい人です。結婚はしておらず一人暮らしをしているため、朝は食べずに昼は会社の社食、夜は外食かコンビニで弁当を買って食べているようです。


お酒も好きで毎日、350mlの缶ビールを2本飲んでいるそうです。また、サプリや健康食品を摂取しておらず、食習慣は特に健康面で意識していないようです。彼は趣味が多く、仕事の時間以外は毎日3つの趣味でほとんど時間を使っているようです。


1つ目の趣味は釣りで彼は午前3時に起床し、仕事の用意をしてすぐ釣り場に行き、会社に行くギリギリの時間まで釣りを楽しんでいるそうです。仕事が終わった後も釣り場へ行きたとえ少しの時間だったとしても、とりあえず釣りをしてから帰宅しているそうです。この趣味を毎日行う事で心を無にする時間ができ、精神的に穏やかになる事で内面的に若く入れるのかなと感じています。


2つ目の趣味は自転車で、こだわった自転車を保有しているのですが、会社の通勤で使用していますし、休みの日も移動手段は自転車で6時間以上自転車に乗っていることもあるとのことです。毎日の運動を自転車で行う事で筋力、持久力のの維持と脂肪の少ない体が作れているのだと思います。


3つ目の趣味は家風呂で、特に入浴剤に凝っており、良くお店で売っている入浴剤から、その土地でしか売っていない入浴剤などたくさん所持しており、毎日入浴剤の種類を変えながら約1時間ほど入浴しているそうです。


肌もキレイになりますし、長時間入浴することで発汗され汚れた水分を体から出すのと、毛穴の汚れも取れて若々しい肌に見えるのかと思います。あと彼は神経質な面があり、家に帰るととりあえず家全体を掃除するようです。少しの汚れも気になるらしく手作業が一番きれいになるとのことで、毎日すべての床をぞうきん掛けしているそうです。


ほとんど趣味と掃除に時間を費やしているので睡眠時間は1日3時間未満のようです。また服や髪型にもこだわりを持っており、ころころ髪型が変わったり、欲しい服は惜しげもなく買い込んでいます。


このように彼は自分の趣味で毎日続けていることががすべて健康面や若さにつながっているのだと思います。とはいっても趣味でほとんどの時間やお金を費やせるのは独身だからこそ出来る事です。自分の好きなことを思いっきりやる生活はストレスがすくなく一番の若さの秘訣なのかなと感じています。


おすすめ亜鉛サプリ一覧

 

亜鉛コラム

 

健康・サプリ関連コラム

 

FX