「亜鉛」は人間の体に必要なミネラルの1つですが、現代人の食生活の乱れなどから慢性的に亜鉛不足な方も多いです。 そんな方々に最近人気なのが「亜鉛サプリ」。

口コミを見てみても、亜鉛サプリを飲み始めてから亜鉛の効果を実感できている方・体の変化を実感できている方も多いようです。

亜鉛サプリを実際に飲んでいる方の口コミ

抜け毛が減ったように感じる。
髪の毛のツヤが増したような気がする。
夜元気になった。(男性)
肌のツヤが増したように感じる。
以前よりも朝スッキリと起きられる気がする。

など、個人差はありますが、長い間、亜鉛不足だった方が亜鉛サプリメントを摂取することによって、身体に何らかの良い変化は期待できそうです。

亜鉛は様々な食品に含まれていますが、その中でも牡蠣(カキ)に多く含まれている成分です。 しかし、牡蠣を頻繁に食べ続けることは難しいですし、旬の時期も限られています。

そうした理由から、牡蠣エキス由来の亜鉛サプリが人気です。サプリメント・健康食品なら毎日手軽に亜鉛を摂取できます。 以下に人気の亜鉛サプリ商品を厳選しましたので参考にどうぞ。

亜鉛タップリ!広島県産牡蠣肉エキス!

広島県産の生牡蠣を155個使用した牡蠣肉エキスの亜鉛サプリ。2粒で生牡蠣5個分の亜鉛を摂取できます。

新鮮でプリプリの牡蠣を機械を使わず全て人の手でむき身にし、厳重な品質管理のものでつくられているので安心して飲めます。

「毎日元気に過ごしたい」「食生活が不規則」「夜の付き合いが多い」「朝なかなか起きられない」「カサカサでハリがない」 そんな悩みを持つ方に一度試してもらいたい人気の亜鉛サプリ。

>>『海乳EX』を実際に飲んでみた写真つき体験談のページはこちら

 

 


40代・50代・60代の男性・女性に選ばれている亜鉛サプリ!

1日あたりに亜鉛13mg摂取できる亜鉛サプリ。

亜鉛以外にもミネラル・ビタミン・アミノ酸・クルクミン・ビール酵母・グリコーゲンなどバランス良く含まれています。

「男としての自信が・・・」「疲れやすくなった」など、 40代以降、若い頃とは違って様々な悩みを持ち始める男性に特にオススメ。

 

 


亜鉛・タウリン・オルニチンなどが凝縮されたサプリ!

初回は1か月分が5,000円引きの980円(送料無料)と今かなりお得なキャンペーンをやっているので、まずは気軽に試してみることができます。

亜鉛サプリを飲み始めて様々な良い効果が出た、という口コミは多くみかけますが、 自分の場合も果たして亜鉛摂取の効果を本当に実感できるのか?と思っている方に特にオススメ。 本格成分凝縮だから実感が違います。満足度97%の亜鉛配合サプリ。

 

 


信頼感ある「環境」「製法」で製造されている亜鉛サプリ!

「健康補助食品GMP」「ISO9001」などの厳しい基準をクリアしている環境の工場・40年もの実績ある工場で製造されている安心感の高い亜鉛サプリ。

亜鉛を豊富に含むだけでなく、黒ゴマ抽出物(セサミン)・ビタミン類(B1・B2・B6・B12)・ブルーベリー葉エキス・クルクミン(ウコン有効成分)など、 牡蠣エキス以外にも豊富に有効成分が配合されている贅沢な亜鉛サプリメントです。

 

 





『海乳EX』が一番人気の理由は?


亜鉛サプリ「海乳EX」は広島県の清浄海域に指定されている広島江田島産の牡蠣を使っている亜鉛サプリです。 瀬戸内海の中でも潮の流れがおだやかなので、牡蠣の餌エサとなる植物プランクトンがとどまりやすく、牡蠣の養殖に向いている海域です。

水揚げされた牡蠣は、機械を使うことなく、人の手による手作業で1つ1つむき身にされていきます。



むき身となった牡蠣は、指定工場で牡蠣エキスとして抽出されてサプリメントとなります。 以上のように、厳重な品質管理下において全ての工程がすすめられているので、安心して飲むことができるというのが、 亜鉛サプリ「海乳EX」の人気の理由と言えます。



>>亜鉛サプリ「海乳EX」まずは1袋を試してみる




お酒をよく飲む方には「レバリズム-L」がオススメ。


「レバリズム-L」は岡山県産牡蠣エキスに含まれる亜鉛・タウリンだけでなく、静岡県産しじみエキスに含まれるオルニチンも凝縮されたサプリです。 肝臓にやさしい成分がこれだけ凝縮されているので、実感力が他とは違います。



1か月分が初回5,000円割引のモニター価格980円(送料無料)という始めやすい価格なのも、 30代・40代男性を中心とした多くのお酒が好きな方々に選ばれているポイントです。



>>『レバリズム-L』初回モニター980円(送料無料)詳しくはコチラ


亜鉛サプリを選ぶポイント


亜鉛は人の体に必要不可欠な成分ですが、現代人の偏った食生活で亜鉛不足が原因とみられる体の不調が出ている人も多いです。 しかし、亜鉛は摂り過ぎても体外に排出されてしまいますから、大量に摂っても意味はありません。

またほんの少量しか必要が無いからと、摂ったり摂らなかったりして欠乏していると体調は悪くなっていきます。 亜鉛という成分は、毎日少量摂取することが重要なのです。

だからこそ、毎日の習慣としても続けやすい亜鉛サプリで補ってあげるのがオススメです。 亜鉛のサプリメントは多くの種類が発売されていますが、どれを選べばいいのでしょうか? 広告や宣伝に惹かれて購入してはいけません。あなたに合ったサプリを冷静に選ぶべきです。

亜鉛サプリメントはたいてい他の成分も含有していて、それぞれいろんな効果・効能を持っています。

あなたはどんな悩みがあって亜鉛サプリを摂取してみようと考えたのでしょうか?あなたが必要としている成分を亜鉛以外にも含有しているサプリを、 望む効果をはっきりさせてから選ぶといいでしょう。 サプリメントは毎日継続的に飲むものですから価格も重要なポイントですね。効果・価格・飲みやすさ・亜鉛含有量など総合的にみて選びましょう。

亜鉛サプリメント摂取に関する注意点


亜鉛はサプリメントで手軽に摂取できますが、だからといって、やみくもに飲んでも効果はでませんし、 逆に体調を崩してしまうケースもあります。ここで亜鉛摂取に関する注意点を挙げてみましょう。

まずは、亜鉛サプリを飲むタイミング。避けたいのが空腹時です。空腹時は消化吸収が大変良いので、 そんな時に亜鉛を飲んだら、、、。吸収が急激に起こり、体調が悪くなってしまうケースも人によってはあります。

少量でも過剰摂取しているのと似た副作用が出てしまうことがあるというわけです。 その他のビタミン・たんぱく質などの中には、たくさん服用しても害がない成分も多いですが、 亜鉛はミネラルのひとつで、過剰摂取によって逆効果となります。症状として、不快感や頭痛、腹痛がでることがあります。 亜鉛過剰摂取の副作用の出方は個人差があるところですが、人によっては顕著に現れることもありますので十分気を付けてください。

せっかく亜鉛サプリを購入して、精力増強・抜け毛予防・肌のツヤ改善などの効果を期待していたことでしょうが、逆効果になってしまいます。 亜鉛サプリを飲む際には、亜鉛を摂り過ぎないこと、空腹時を避けることが大事になります。

亜鉛はミネラル。もともと必要な成分。


もうひとつ気を付けたいのが、亜鉛摂取に関して過剰な期待をしないことです。亜鉛というのはミネラルですから、人間の体にとってもともと必要な成分です。 摂取したからと言って、今までと全く違う劇的な効果の可能性を期待すると言うのは無理な話でしょう。 亜鉛不足で引き起こりがちな体調不良を防ぐために飲む、という考え方が正しいかと思います。

ただ、長年亜鉛不足となっていた方が亜鉛サプリを適量飲むことで、期待できる効果効能は幅広くあるようです。 男性の場合は育毛・発毛のため、日々のストレスに負けずに元気になるため、疲労回復・精力減退の対策に、また女性はダイエット時の栄養補給に飲んでいる方もいるようです。

亜鉛はタンパク質が合成される際に必要となり、DNA複製の際の細胞分裂に関連しています。細胞の中でも新陳代謝が活発なものほど亜鉛が不足しやすくなるという特徴があります。 抗酸化酵素の材料にもなってくれるため活性酸素除去の効果もあります。最近では水素水に体内の活性酸素を取り除く効果があるとされ話題になっていましたね。 その他、亜鉛不足が味覚障害を招くことは有名な話です。 まずは亜鉛の1日の摂取量を守ってある程度の期間サプリメントを飲み続けてみて、あなたの場合、効果が実感できるのかどうかを確かめてみてくださいね。




ミネラルって重要な栄養素なの?


はい。重要です。ミネラルは、糖質・タンパク質・脂質・ビタミンに並ぶ栄養素で、微量ではありますが、ビタミンと同じように私たちの体を構成する物質として大事な役目を果たしてくれています。 亜鉛はそんなミネラルの1つです。

人間の体を元素レベルで見てみると、体重の97%が酸素・窒素・水素・炭素で構成されており、ミネラルはその他の3%。 こうして見ると割合が少ないのでそれほど必要なさそうにも思えますが、抗酸化物質はミネラルを使って酵素反応します。 体の中で起きている化学反応や組織づくりにミネラルは欠かせないものです。

今、日本をはじめとした先進国の人々の中には、ミネラルが不足してしまっている人が多いと言われています。 ミネラルは、野菜・魚介類・穀類など自然食材に含まれていますが、精製や加工の過程で失われてしまうことが多いからです。 そのため、亜鉛などミネラルをサプリメントで補給し始める人が増えています。

自分は毎日いろいろな食べ物を食べるようにするなど、栄養のバランスには気を付けているから大丈夫!と思っている方でも、 実は、加工食品がほとんどだったり、お酒を飲むことの多い方などは、亜鉛などのミネラルが足りていないこともあります。

ミネラル不足は生殖機能低下・防御機能低下などの原因となり、その状態が続けば、動脈硬化・糖尿病など生活習慣病の危険性も高まるとされています。

ミネラルは1種類を多く摂っておけば良いということはなく、バランス良く摂取することが大事であり、過剰に摂取しても健康被害が出てしまいます。 摂取目安量・上限量を守らないと下痢などの副作用の症状・過剰症・健康障害が出ることもあります。 分かりやすい例を挙げると、骨を作るのに役立つのはカルシウムだ、というイメージが強いですが、実際には、マグネシウム・リン・鉄・亜鉛なども必要なのです。

日本人で不足しているケースが多いとされているのが、亜鉛・カルシウム・カリウム・マグネシウム。女性はこれらに加えて鉄が不足しがちです。 毎日の食生活の改善、またはサプリメントなどで補ってあげたいところです。

ミネラルの摂取量について


人の体に必須とされているミネラルは16種類で、主要ミネラルと微量元素に分けられています。

主要ミネラル・・・カルシウム・リン・カリウム・塩素・硫黄・マグネシウム・ナトリウム
微量元素・・・亜鉛・鉄・銅・ヨウ素・セレン・クロム・マンガン・モリブデン・コバルト

体の中に比較的多く存在しているものが主要ミネラルとよばれています。 日本では、これらミネラルの「推薦量・目安量・目標量」として厚生労働省が基準を公開してくれています。 (参考:厚生労働省:「日本人の食事摂取基準」

お酒を飲むことの多い方・タバコを吸う方はなどは、これよりも多めの摂取が必要なのでは?とも言われています。

ちなみに、日本では以前にはミネラルの中でカルシウム・リン・カリウム・鉄しか摂取量が定められていませんでした。 その後、亜鉛欠乏が若者に多く見られたり、世界レベルでミネラルの重要性が見直されるという流れから、厚生労働省は亜鉛も含めた必須ミネラルの摂取の基準を変更したのです。


更新履歴

2015-11-28 TOPページ更新。
2015-07-08 広島産牡蠣エキス配合『プレミアムオイスター』を追加。


亜鉛関連の参考HP

2.規格基準等 - 厚生労働省・・・栄養機能食品の規格基準や表示の基準について。
6. 2. 2.亜鉛(Zn)・・・厚生労働省の亜鉛の解説ページ。

おすすめ亜鉛サプリ一覧

 

亜鉛コラム

 

健康・サプリ関連コラム

 

FX